HOME > ヨーガ

ヨーガ

クラスでは、シヴァーナンダヨーガを基本にハタヨーガの中の
アーサナ(座法、ポーズ)、プラーナヤーマ(呼吸法)を行っています。
シヴァーナンダヨーガは伝統的な流派の1つで、
とてもシンプルなシークエンス。
ポーズとポーズ の間にシャバアーサナ(リラクックス)が入り、
じっくりと心、体を観察していきます。
集中が深まり、心に静けさを感じることができます。

120810-5a6899.jpg撮影 マスノ マサヒロ

シヴァーナンダヨーガ

シヴァナンダ師.jpg
スワミシヴァーナンダ師(1887~1963)



もともと西洋医学の医師として活躍していましたが、
肉体の治療だけでは人を本当の苦しみから
救うことはできないとヨーガの道に入る。
人類への奉仕とヴェーダーンタ研究に
その生涯を捧げた彼のメッセージは
「奉仕し、愛し、与え、浄化し、瞑想し、目覚めなさい」
と、シンプルな言葉の中に集約されています。

ハタヨーガ

身体的アプローチで、
アーサナ(座法、ポーズ)、プラーナヤーマ(呼吸法、調気法)、ムドラー、ラージャヨーガなどがあり、
ディーナ、サマーディを得る準備(考えを整え、ヴェーダーンタの言葉がより働くため)の方法、道具です。
「ハタ」はこの宇宙を支える力の意味で、
「ハ」は陽、「タ」は陰。陰陽を示す音のシンボルです。
この2つのエネルギーを調和させ、心身のバランスを保ち、考えを整えてくれます。

inserted by FC2 system